ひよっこキャスト叔父の峯田和伸って誰?役柄やプロフィールも紹介!

朝ドラ「ひよっこ」のキャストの中でひときわ注目を集めているのが、銀杏BOYZの峯田和伸さんです。

有村架純さん演じる主人公谷田部みね子の叔父・小祝宗男を演じています。

峯田さんは、もともとミュージシャンとして活動を始めましたが、映画やドラマなどに出演し、俳優としても活動の幅を広げてきました。

2016年にはNHKBSプレミアムのプレミアムドラマ「奇跡の人」で主演を務めるなど、NHKでのドラマ出演歴もあります。

今回は峯田和伸さんについて、「ひよっこ」でのキャストの役柄や、プロフィールや活動歴について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

峯田和伸の「ひよっこ」での役柄は?

連続テレビ小説「ひよっこ」のキャストを見てみると、ベテラン俳優から、次にブレイクしそうな子役までバラエティに富んだキャストが並んでいます。

なかでもNHKの登場人物紹介サイトで一番目を引くのが、峯田和伸さん演じる主人公の叔父、小祝宗男ではないでしょうか。

主人公みね子の父親・実の弟で、父親の失踪した後の谷田部家を心配して、野菜などをもってよく訪れるという役柄です。

特徴のある髪型といい、なかなか味のある役として登場してくると思われます。

「ひよっこ」での峯田さんのキャラクターは、よく笑う声の大きな明るい性格で、ムードメーカー的な役柄です。

また、海外の話をよくするなど気持ちは世界に向いているのですが、実は東京にも言ったことがないという設定です。

見た目は不審ですが、どこかユーモアがありやさしい役柄のようですね。

2016年9月に行われた記者会見では、朝ドラ初出演からなのか、どこか緊張したおももちで次のようにあいさつしました。

「宗男役の峯田和伸です。一生懸命、楽しんでやります。どうかひとつよろしくおねがいします!」
「バイクに乗る設定で、免許持っていなかったので、この前(東京)府中(運転免許試験場)にとりに行きました」

「ひよっこ」出演のためにバイクの免許をとりにいったんですね!

峯田和伸のプロフィールは?

「ひよっこ」でヒロインの叔父・小祝宗男を演じる峯田和伸さんは、もともとは1999年にGOING STEADYのギター・ボーカルとしてCDデビューしたミュージシャンでした。

2003年にGOING STEADYを解散後は、銀杏BOYZとして活動しています。

  • 峯田 和伸(みねた かずのぶ)
    • 【誕生日】1977年12月10日
    • 【出身地】山形県
    • 【学歴】東京情報大学経営情報学部卒業
    • 【活動期間】1996年〜

GOING STEADY、銀杏BOYZともに過激なパフォーマンスで有名で、まさにパンクという感じですね。

ただ、過激なだけではなく楽曲のクオリティが高いことでも評判で、まさに青春パンクという言葉がぴったりで熱狂的なファンがいるのもうなずけます。

峯田さんは2014年には関ジャニ∞の「言ったじゃないか」では作曲を担当しており、ミュージシャンという面での活躍も目立ちます。

そういったミュージシャンとしての活動が目立つ峯田さんですが、俳優としても数々の映画やドラマに出演していて実績を残しています。

2003年公開の宮藤官九郎さん脚本の「アイデン&ティティ」で映画デビューを果たした後は、「グミ・チョコレート・パイン」、「少年メリケンサック」など7本の映画に出演しています。

また2016年にはNHKBSプレミアムで、ヘレン・ケラーをモチーフに設定を日本に置き換えたドラマ「奇跡の人」にも連続ドラマ初主演として出演していて、NHKにはなじみがありますね。

そしてこの「奇跡の人」の脚本を書いているのが、「ひよっこ」でも脚本を担当している岡田惠和さんということで、そのつながりで「ひよっこ」出演という流れになったのでしょうか。

ミュージシャン、俳優どちらも中途半端でなく本格的な峯田和伸さんの「ひよっこ」での演技は、どのように演じてくれるのか今から楽しみですね。

奇跡の人 DVD-BOX
by カエレバ

まとめ

今回は朝ドラ「ひよっこ」で、ヒロインみね子の叔父役を演じるキャスト・峯田和伸さんのプロフィールや、「ひよっこ」での役柄を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ミュージシャンの印象の強い峯田さんですが、実は映画もかなりの数でていて、NHKのBSで連続ドラマの主役を演じたこともあるというように、ミュージシャンとしても俳優としても本格はの活動をしていることで知られています。

時にはライブで過激すぎるパフォーマンスをしてしまうこともある峯田さんですが、そこがまたファンにとってはたまらないんでしょうね。

「ひよっこ」での役柄も、不思議なキャラクターでありながら、やさしく、そして明るいムードメーカーという演じるのが難しそうですが、峯田さんがこの役をどのように演じてくれるのかを楽しみに見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする