ひよっこ第5週のあらすじと感想は?見逃し動画配信や視聴率も紹介!

2017年上半期のNHK連続テレビ小説として4月3日から始まっている「ひよっこ」

主人公みね子の楽しかった高校時代、そして大好きな父親の失踪という大きな事件の起きた第1週から第4週までの奥茨城編もおわり、5月1日から始まる第5週からはいよいよ東京編が始まりますね。

はたしてみね子たちの東京の就職先では、どのような生活が待っているのでしょうか。

今回は、いよいよ東京編がはじまる朝ドラ「ひよっこ」の第5週(5月1日〜5月6日)のあらすじや感想、そして視聴率や見逃してしまった場合に活用できる動画配信についてもみていきたいと思います。

スポンサーリンク

朝ドラひよっこの第5週「乙女たち、ご安全に!」のあらすじ・感想・視聴率まとめ

#有村架純 #みね子からのお知らせ #朝ドラ #ひよっこ

連続テレビ小説「ひよっこ」さん(@nhk_hiyokko)がシェアした投稿 –

上野駅に着いたみね子(有村架純)・時子(佐久間由衣)・澄子(松本穂香)は、同じ工場で働く豊子(藤野涼子)と出会う。舎監の愛子(和久井映見)に連れられ、向島電機の乙女寮に着いた一行は、寮長の幸子(小島藤子)と優子(八木優希)たちから歓迎を受ける。工場での仕事は、トランジスタラジオの部品を流れ作業で挿していくことだが、不器用なみね子は何度もベルトコンベヤーを止めてしまう。その様子を見た時子は・・・。

25話 5月1日(月)17.9%

みね子(有村架純)・時子(佐久間由衣)・澄子(松本穂香)は、同じ工場で働く豊子(藤野涼子)と上野駅で出会う。青森の中学を出て優秀な成績だったという豊子は、初対面のみね子たちにも成績のことを聞く。どこかつっけんどんな豊子の態度にたじろぐみね子。寮の舎監・愛子(和久井映見)に連れられ、一行は墨田区の向島電機へやってくる。工員たちが暮らす乙女寮に案内されたみね子たちを、意外な出迎えが待っていた。

25話 感想まとめ

さっそく東京で迎えに来てくれた向島電機の愛子(和久井映見)のおっちょこちょいぶりが発揮されていましたね。

藤野涼子さん演じる東北から出てきた豊子は成績が良かったのに高校に行かなかったということで、家の事情などがあるのかなと思いました。

会社の寮(乙女寮)では、先輩たちからコーラスでの歓迎をうけます。

乙女寮の人たちはみんなやさしそうですてきな人ばかりなので、みね子達もひと安心ですね。

  • やっと東京編だ!ひよっこ。
  • 中3の成績を聞かれた、豊子は体育以外5だけど高校には行かなかった。
  • 愛子さんって東京におけるみね子たちの『先生』の役割なんだろうけど、今のところ全く頼りになる気がしないw
  • いきなりコーラス部うまい!!!! むっちゃうまい!!!!!
  • 愛子さんは戦争未亡人なのかなあ…何もない妙齢の女性が舎監さんとして寮に住むってことはないだろうから、きっと何かあるんだろうな。そのうちわかるのかな。

26話 5月2日(火)17.6%

みね子(有村架純)たちは、寮長の幸子(小島藤子)と優子(八木優希)に部屋へ案内される。時子(佐久間由衣)は女優を目指すための本、澄子(松本穂香)は家族写真など、荷物を片づけていると、愛子(和久井映見)がやってきて工場の制服を手渡す。明日からこれを着て働くのだと、気が引き締まるみね子たち。豊子(藤野涼子)は仕事で成績一番を目指すと言う。一同は、幸子から寮生活について教えてもらい、期待を膨らませる。

27話 5月3日(水)18.0%

みね子(有村架純)たちの初出勤の日。まずは幸子(小島藤子)が仕事の説明をする。ここで作るのはトランジスタラジオの基板。3.5秒で部品を挿す流れ作業と聞き、みね子はその速さにひるむ。早速、優子(八木優希)の手本を見ながら練習を始めるが…。一方愛子(和久井映見)は、女子工員たちの仕事ぶりを見守っていた。ライン長の松下(奥田洋平)に、「自分の仕事は、この子たちが働きやすいよい環境にすること」だと語る

28話 5月4日(木)18.3%

みね子(有村架純)は、仕事の失敗が続く。不器用でうまく部品を挿せず、さらに慌ててしまうのだ。何度もベルトコンベヤーを止めて叱られるが、そのたびに愛子(和久井映見)は「そのうち出来るようになるから大丈夫」と励ます。自分のふがいなさに、いらだちが募っていくみね子。特に明るく励ましてくる愛子に腹を立てるが、その言葉の真意を知って…。そんなとき、時子(佐久間由衣)が仕事中にわざとミスをする。

28話 感想まとめ

みね子は何度も仕事で失敗を繰り返し、少しイライラしてきてしまい、まわりにもあたるようになってしまいます。

そんな中、励ましてくれていた愛子にさえ腹をたててしまっています。

ところが、同じ寮の部屋の先輩たちから愛子さんの過去を聞き、やっぱり不器用だった愛子さんも一生懸命頑張っていたことを聞き、愛子さんに謝りに行きます。

愛子さんの「そのうち出来るようになるから大丈夫」という励ましの言葉は、根拠のない言葉ではなく、実際に不器用な自分も経験したことからくる言葉だったんですね。

  • みね子がひねくれたのは初めてだよね。 ね? でも、愛子さんがいるから大丈夫!
  • ひよっこ、工場の食堂メニュー、いちいち昭和給食っぽくて芸が細かい。昭和なカレーに真っ赤なドレンチェリーや缶詰みかんはさんだ(おそらくバタークリーム的なるものべったり塗った)コッペパン、具の少ないナポリタン…。うう愛らしい。うう不健康。
  • 今日の #ひよっこ 見た。 今日もまたウルウルさせられたやないの〜。ひよっこはホント恐ろしい子です。 みねこ、頑張れ〜!

29話 5月5日(金)18.7%

時子(佐久間由衣)と豊子(藤野涼子)は、時子がみね子(有村架純)のためにわざとミスをしたことが原因でけんかになる。豊子のとげのある物言いに、腹を立てる時子。「私は人とは違うんだ」と意地を張っていた、昔の自分を見ているようで嫌だと言う。幸子(小島藤子)と優子(八木優希)はそんな二人に驚き、静かに見守る。一方、みね子は寝たふりを続けていた。時子と豊子の様子が気になって、起きる演技をしようと試みる。

30話 5月6日(土)18.9%

みね子(有村架純)たちにとって初めての休日。時子(佐久間由衣)はテレビ局へ、幸子(小島藤子)はデートへとそれぞれの予定を話すなか、赤坂の洋食屋に行くというみね子。そこで初めて乙女寮の仲間たちに、父が行方不明であることを打ち明ける。一方、日本橋の米屋で働く三男(泉澤祐希)は苦労していた。店主の善三(斉藤暁)と娘のさおり(伊藤沙莉)の仲が悪いため、いつも板挟みになっていたのだ。

朝ドラ「ひよっこ」キャストやナレーション情報は?

朝ドラ「ひよっこ」の登場人物は、ヒロインの谷田部みね子を演じる有村架純さんと幼なじみの助川時子(佐久間由衣)、角谷三男(泉澤祐希)を中心として若手からベテランまでそうそうたるメンバーが出演しています。

ナレーションを増田明美さんが担当していることも話題になっていますね。

ひよっこのキャストについては、以下の記事をご覧ください。

→ 朝ドラひよっこのキャスト一覧と相関図を紹介!
→ 朝ドラひよっこのキャスト東京編一覧まとめ!注目の出演者や役柄も
→ 朝ドラひよっこキャスト紹介!ナレーターに増田明美抜擢の理由は?
→ 朝ドラ ひよっこ キャスト 記事一覧はこちら

朝ドラ「ひよっこ」を見逃してしまったら動画配信で!

朝ドラ「ひよっこ」は毎日放送されていることもあって、つい見逃してしまったという方も多いと思います。

見逃しだけでなく、放送からしばらく期間がたっているけど、何気なくテレビをつけて放送されているのを見たら面白くて最初からみたい!という方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが動画配信サービス「U-NEXT」です。

朝ドラはもちろん、最新作から名作まで1,200,000本以上の動画を配信していて、きっとあなたの見たいドラマもみつかりますよ!

気になる方は一度確認してみてくださいね。

「UNEXT」の内容を確認してみる

まとめ

いよいよみね子たちも就職で上京し、東京編がスタートしました。

はたして東京ではどのような生活が待っているのか今から楽しみですね。

東京にはすずふり亭の人々やお父さん探しを探してくれる茨城出身の警察官綿引など、いい人が多いので、奥茨城編のように心あたたまるストーリーが期待できます。

もちろんお父さんの失踪の真相も気になりますが、ストーリー的にはネタバレするのはまだ先なんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする