わろてんか大人の隼也役は誰?過去の出演作品や実在モデルも

いよいよ終盤が近づいてきた朝ドラ「わろてんか」

てんと藤吉の一人息子隼也も赤ちゃんから幼少期、少年期、青年期を経て大人になります。

新しく隼也役を演じるキャストが誰なのか気になっている方も多いことと思います。

そこで今回は、朝ドラわろてんかで大人になった隼也を演じる俳優さんは誰なのかや、過去にどのような作品に出演していたか、また隼也のモデルとなった実在の事物についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大人になった隼也役のキャストは誰?

てんと藤吉の一人息子隼也は成長し、ついに大人になりました。

隼也を演じる俳優さんは、朝ドラ初出演となる成田凌さんです。

  • 成田 凌(なりた りょう)
  • 【生年月日】1993年11月22日
  • 【出身地】埼玉県
  • 【身長】 181cm
  • 【血液型】O型
  • 【所属事務所】ソニー・ミュージックアーティスツ

成田凌さんは、埼玉県出身の俳優さんで、美容学校に在学中に受けたMEN’S NON-NOのオーディションに合格したことがきっかけで今の事務所に所属しました。

仕事のスタートはモデルとして始めましたが、もともと役者をやりたいということで事務所にアピールし、ドラマや映画の出演を勝ち取りました。

今回のわろてんかでの隼也役が朝ドラ初出演で、「わろてんかファンとして、この作品に携わることができ、嬉しく思います。しっかり役と向き合い、愛される人間を演じ、日本の朝に笑いを届けたいと思います」と語っています。

隼也はアメリカにいる鈴木京香さん演じる藤吉の母・啄子を頼って遊学し、レビューやミュージカルなどのエンターテイメントを学びました。

帰国後にアメリカで学んだことをどのように北村笑店にとりいれていくのか楽しみですね。

成田凌の過去の出演作品は?

北村隼也を演じる成田凌さんは、過去にはどのような作品に出演しているのでしょうか。

やはり今一番に浮かぶのは、2017年のコードブルーの灰谷俊平役ですよね。

真面目で優しいけど、コンプレックスがあり自信が欠けている難しい役柄を、とても自然にうまく演じていましたね。

他にも主なものだけでも以下の作品に出演しています。

  • 逃げるは恥だが役に立つ 梅原ナツキ役
  • 人は見た目が100パーセント 榊圭一役
  • キセキ -あの日のソビト 92(クニ)役
  • 君の名は。 勅使河原克彦役

意外なところでは2016年の映画「君の名は。」にも出演していたんですね。

2016年から2017年にかけては映画にドラマに大活躍でしたが、2018年も朝ドラ初出演の他、映画「ニワトリ★スター」の出演も決まっていて、ますます活躍が期待できますね。

「わろてんか」隼也の実在モデルは誰?

隼也には実在のモデルはいるのでしょうか?

てんのモデルとなった吉本興業の創業者、吉本せいには8人の子どもがいましたが、早くに亡くなってしまった子どもが多く、モデルとなったのは次男・吉本頴右(泰典)と考えられています。

もちろん実在の吉本せいの人生と北村てんの人生には違うところも多いのですが、物語のモデルとして吉本頴右をモチーフに使っていると思われます。

吉本せいの次男として生まれた吉本頴右は、既に長男が亡くなっていたことから、吉本家の跡取りとして育ちました。

わろてんかではひとり息子ですが、実話では兄弟がいたけど亡くなっていたんですね。

父と母の立ち上げた吉本興業部(のちの吉本興業)の後継者となるために、当時の吉本興業部の実質的な経営者だった叔父・林正之助から学びながら育ち、早稲田大学で学びました。

早稲田大学在学中の吉本頴右は、ジャズシンガーの笠置シヅ子と出会い恋に落ちました。

頴右とシヅ子は結婚を誓いましたが、母・せいは結婚に反対していました。

そんな中笠置シヅ子は頴右の子どもを妊娠しますが、穎右は子どもが生まれるのを待たずに25歳という若さで、結核のためこの世を去ってしまいます。

「わろてんか」のストーリーの中でも、隼也は水上京香さん演じる加納つばきと交際に発展しますが、果たして実話と同じように隼也も若くしてなくなってしまうのかどうかが気になりますね。

まとめ

今回は朝ドラ「わろてんか」のてんと藤吉の息子、北村隼也の大人役のキャストは誰なのかや、成田凌さんの過去の出演作品や、実在のモデルの吉本頴右さんについて見てきましたがいかがだったでしょうか。

成田凌さんは、作品によっていろいろな役柄を演じ分けることのできる俳優さんで、わろてんかの隼也役をどのように演じてくれるのか今から楽しみですね。

心配なのはモチーフとなった吉本せいの次男・吉本頴右と同様に、結核などの病気を持った役として描かれるのかどうかということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする