わろてんか第20週のあらすじと感想は?見逃し動画配信や視聴率も紹介!

2017年下半期のNHK連続テレビ小説として10月2日から始まっている「わろてんか」。

てんのプロデュースしたリリコアンドシローは成功して売れっ子になり、隼也は伊能のところへ修行に行っています。

今回は、朝ドラ「わろてんか」の第20週(2月12日(月)~2月17日(土))のあらすじや感想、そして視聴率や見逃してしまった場合に活用できる動画配信についてもみていきたいと思います。

見逃し動画配信はこちらから!

スポンサーリンク

朝ドラわろてんかの第20週「ボンのご乱心」のあらすじ・感想・視聴率まとめ

てん(葵わかな)がプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、二人は売れっ子漫才師になった。風太(濱田岳)の下で雑用ばかりさせられている隼也(成田凌)は、アメリカのショーを日本に輸入したいと考え風太に進言するが、まったく相手にしてもらえない。そこで先進的な仕事を手がける伊能(高橋一生)の会社で働きたいと、隼也はてんに訴えた。ある日、「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受けた隼也は、そのショーの興行権を獲得しようと大胆な行動に出る。風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

111話 2月13日(火)

風太(濱田岳)はてん(葵わかな)の反対を押し切り、キース・アサリ(大野拓朗・前野朋哉)の解散を決めた。隼也(成田凌)は伊能(高橋一生)の下で働くことになる。

風太(濱田岳)はてん(葵わかな)の反対を押し切って、キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)のコンビ解散を決めた。東京での漫才人気を盛り上げるため、アサリを大阪に置き、キースを東京に送り込んで、それぞれ新しい相方と漫才をさせようというアイデアだった。北村笑店での丁稚(でっち)奉公のような修業に幻滅した隼也(成田凌)は、伊能(高橋一生)の下で最新のエンターテインメントを学ぶことにする。

111話 感想まとめ

  • 確かに今はキースとアサリの影響力がすごすぎるから東西のパワーバランスのためにも後進を育てるためにもいいかもしれない
  • 相方見つけるの自分らでなの?! 会社が誰かあてがうのかと思ってたよ…
  • 「わろてんか」のモデルは、花菱アチャコと横山エンタツだろうが、本物にほど遠い。エンタツ・アチャコは映画に進出し、一時代を築くのだが。

112話 2月14日(水)

隼也(成田凌)は人気レビュー「マーチン・ショウ」の日本公演の興行権を買うために出資して欲しいと、てん(葵わかな)と風太(濱田岳)に頼むが断られてしまう。

隼也(成田凌)はアメリカの人気レビュー「マーチン・ショウ」の日本公演の興行権を買わないかと持ちかけられ、伊能(高橋一生)に相談するが反対される。それでも諦め切れない隼也は一人で代理人に会いに行った。隼也は手付金を払ってショウの興行権を買いたいと思い、てん(葵わかな)と風太(濱田岳)に出資を頼むが断られてしまう。隼也は打開策を求めて、代理人の通訳をしていたつばき(水上京香)に相談する。

112話 感想まとめ

  • 隼也にチャンス?
  • マーティンショウの代理人から電話!
  • これでやらかすんか
  • ぼん。それ、だまされるパターンな。
  • 隼ちゃんは大きくなって本当によかったとしみじみ思う
  • 身内には言えるけど伊能さんには言えんのか隼也。
  • 通訳と2人きりで?
  • ハミルは詐欺で恋の芽生えはアリか
  • つばきさんもハミルさんのことよく知らないとか、これ完全に詐欺案件じゃないか

113話 2月15日(木)

てん(葵わかな)は隼也(成田凌)が「マーチン・ショウ」実現のため必死になる姿を見て不安を感じる。他社に興行権を取られそうになった隼也は危険な賭けに打って出る。

てん(葵わかな)は隼也(成田凌)が「マーチン・ショウ」を実現しようと必死になっている姿を見て、その昔藤吉がパーマの機械を輸入して詐欺にあったことを思い出し不安になる。隼也はつばき(水上京香)にショウの相談をするうちに彼女のことが気になり、つばきのためにもショウを何とかしようと一層頑張る。だが、手付金を支払わなければ興行権を他社に取られてしまう状況に焦った隼也は、危険な賭けに打って出る。

113話 感想まとめ

  • あかん 手付け とか言い出してきたw
  • 他の興行主が乗り気やからすぐに金払え、それ詐欺の臭いプンプンや
  • 隼也騙されそう
  • 風鳥亭手に入れる時の藤吉とダブる感じだ
  • あとは、通訳の子がグルなのかどうか…?
  • それで、お母さんに手付金頼むってww さすが藤吉の息子w
  • てんちゃん、それ藤吉にも言わないといけなかったことやで。
  • ぼん 騙されたんかっ!! なんてことを。。。 藤吉さんとおんなじや

114話 2月16日(金)

てん(葵わかな)は伊能(高橋一生)から、隼也(成田凌)が「マーチン・ショウ」のニセ代理人に多額の手付金を騙(だま)し取られたと聞いて愕(がく)然とする。

てん(葵わかな)は伊能(高橋一生)から、隼也(成田凌)が「マーチン・ショウ」のニセ代理人に多額の手付金を騙し取られたと聞いて愕(がく)然とする。藤吉が隼也のために遺(のこ)したお金とは言え、それを何の相談もなく使ってショウの手付金を支払ったことが許せないてんは、自分の監督下で一から修業させると隼也に厳しく言い放つ。てんは子育てに失敗したとひどく落ち込むが、リリコ(広瀬アリス)が慰めてくれた。

115話 2月17日(土)

てん(葵わかな)と隼也(成田凌)の親子関係が悪化することを心配した風太(濱田岳)は、絶対に許してもらえる謝り方を隼也に伝授してやる。

てん(葵わかな)からこっぴどく叱られた隼也(成田凌)は毎日朝早くから下働きに精を出す。風太(濱田岳)はてんと隼也の親子関係がこじれることを心配して、絶対に許してもらえる謝り方を隼也に伝授してやる。隼也が迷惑かけたことを改めて謝罪するため、てんは伊能(高橋一生)を訪ねた。そこで伊能から、本物の「マーチン・ショウ」が日本公演をやりたがっていて、隼也の興行に対する目利きは間違ってなかったと告げられる。

朝ドラ「わろてんか」を見逃してしまったら動画配信で!

朝ドラ「わろてんか」は毎日放送されていることもあって、つい見逃してしまったという方も多いと思います。

見逃しだけでなく、放送からしばらく期間がたっているけど、何気なくテレビをつけて放送されているのを見たら面白くて最初からみたい!という方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが動画配信サービス「U-NEXT」です。

朝ドラはもちろん、最新作から名作まで1,200,000本以上の動画を配信していて、きっとあなたの見たいドラマもみつかりますよ!

気になる方は一度確認してみてくださいね。

「UNEXT」の内容を確認してみる

まとめ

放送開始を楽しみに待っていた「わろてんか」が、いよいよ20週目に入りました。

隼也は北村笑店での修行をやめ、伊能のところで修行を始めます。

果たして隼也のアメリカのエンタメ界への思いはこの先どうなるのでしょうか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする